2016年は1月〜10月の10ヶ月間で20区間以上の特典航空券を発券しました。

特に国際線ビジネスクラスはすべて特典航空券で乗っており、有償での搭乗は一度もありません。

消費マイル数は2016年だけで10万マイルを超えています。

仮に100円で1マイル貯まるクレジットカードだけで10万マイル貯めようと思うと、1千万円も使わなければなりません。

これだけ消費してもまだ17万マイル以上残っています。

1410

年間21万マイル貯まる手法を実践すると毎月2万マイル近く貯まって行くため、数万マイル消費したところで翌月にはまた増えます。

今回は画像を用いて2016年版年間21万マイル貯める手法を紹介したいと思います。

以下の手順に沿って進めれば貴方も毎年21万マイル積上げられます。


■ソラチカカードを手にする。

年間21万マイル貯めるために絶対欠かせないアイテムがソラチカカードになります。

81

ソラチカカードはANAと東京メトロが提携してJCBブランドで発行されているクレジットカードで、東京メトロに乗車したりメトロ駅構内の売店で商品を購入するとメトロポイントが貯まるカードです。

ソラチカカードはメトロポイントの90%がANAマイルに移行できるという特徴を持っています。

80

以下、21万マイルを貯める手法を実践するには、このソラチカカードを持っている事が前提になるため、早めに手にしてください。

ちなみにすでにJCBブランドが付いた他のANAカードを持っている人は、ソラチカカードとの2枚持ちができませんでしたが2015年4月から重複保有が可能になっています。

もちろんVISAやMasterなど他のブランドが付いたANAカードでも2枚持ちOK。


■ポイントサイトの会員になる。

ソラチカカードを用意したら、次に大事なのがメトロポイントを貯める手法です。

メトロポイントは東京メトロに乗車すると5ポイント(土日は15ポイント)、メトロ駅構内の自動販売機を利用すると100円につき1ポイント貯まります。

tome_ana_img_05

しかしこれだでは精々数百ポイントが関の山。

毎月数万ポイントも貯めるのは至難の業というか無理でしょうね。

ここで大事になってくるのがポイントサイトの活用です。

メトロポイントは多くのポイントサイトと提携しており、以下にご紹介するポイントサイトでは比較的楽に大量のポイントが稼げます。

詳細は後程説明しますが、マイルを大量に稼ぐ上でどれも必要なサイトばかりなので今すぐ会員になって下さい。もちろんどのサイトも入会金や年会費はかかりません。

ハピタス
モッピー
ちょびリッチ
ゲットマネー

そしてもう一つ会員になって欲しいのがこちら。

PeX(入会金、年会費無料)

PeXもポイントサイトの一つなのですが、残念ながら還元率があまり良くありません。
ですがポイントを交換できる提携先が多いという特徴があります。

そのため上記①〜④のポイントサイトでポイントを稼ぎ、そのポイントをANAマイルと交換するための中継局としてPeXを使います。

1405

最初は少し手間に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば毎月のルーティンワークのようになって全く苦にならなくなります。


■実際にポイントを貯めてみよう。

準備が整ったところでさっそくポイントを稼いでみましょう。

ポイントサイトとは商品を購入したり、サービスを利用すると利用額の一部をポイントで戻してくれるサイトのことです。

中には購入額の100%を還元してくれるような高い還元率の案件がチラホラと出てきます。

例えばハピタスでは以下のような案件がありました。

282

この案件は100%還元のため、一旦は商品代として4,011円を払うものの、後日同額の4,011ポイントをお返ししますよという案件になります。

ハピタスは1ポイント1円で現金とも交換できるため、還元率は100%と言う訳です。

つまりこの商品は実質無料で手に入ることになります。

今回はマイルを貯める事が目的のため、還元されたポイントは現金化せずにそのままポイントとして持っておきましょう。

次にモッピーの案件を覗いてみると以下のような案件がありました。

131

これはモッピーからSBIのFX口座を開設して1万円を入金後、一度でも通貨取引をすると15,000ポイントあげますよという案件になります。

モッピーも1ポイント1円で現金化できるため、この案件を申込むと15,000円貰えることになるのです。

今回はマイルを貯める事が目的のため、ここでも還元されたポイントはそのままポイントとして持っておきましょう。

その他、ちょびリッチ、ゲットマネーでもポイントの稼ぎ方は同じです。

100%還元商品やクレジットカードの申込などが狙い目になります。

ここまでがポイントを稼ぐための第一ステップです。


■貯めたポイントをPeX→メトロポイントに集めよう

ポイントを稼いだら、そのポイントをPeXという中継局に移行するのが第2ステップです。

冒頭でお知らせした通り、PeX自体もポイントサイトなのですが、効率があまり良くありません。

しかしPeXはポイントが交換できる提携先が多いという特徴があるため、ハピタスなどで稼いだポイントの活用幅を広げる中継局として活用します。

368

上の画像のようにハピタスからPeXへは300ポイント以上で等価交換できます。
(ハピタスは1ポイント1円、PeXは10ポイント1円計算なので単位に注意)

モッピーやちょびリッチなど他のポイントサイトでも同じように貯めたポイントをPeXへ移行します。

PeXにポイントを移行したら、次にそのポイントをメトロポイントへ移行します。

ソラチカカードを持つとメトロポイントを貯める事が可能になり、貯めたポイント数が確認できるマイページが持てます。

そこにPeXからポイントを移行するのが第3ステップです。

369

PeXからメトロポイントには1000ポイント以上で等価交換できます。
(PeXは10ポイント1円、メトロポイントは1ポイント1円計算なので単位に注意)


■いよいよ最終段階。メトロポイントをANAマイルに交換しよう。

いよいよ最終仕上げの第4ステップ。

ここまで「ハピタス、モッピー、ちょびリッチ、ゲットマネー」 → 「PeX」 → 「メトロポイント」とポイントロンダリングしてきました。

ソラチカカードはメトロポイントの90%がANAマイルと交換できるという特徴を持っています。

月に2万メトロポイントが交換の上限となっているため、上限いっぱいまで交換しましょう。

370

ここで一点注意したいのがメトロポイントからANAマイルへの交換申請は月に1度しかできないことです。

仮に2万ポイント残高があるのに1万ポイントしか交換申請しないと、残り1万ポイントは翌月まで交換できません。

ここはケチらずに上限の2万ポイントをANAマイルに交換しましょう。

すると約一ヶ月後にANAマイルとして18,000マイルが加算されます。

これを毎月実践すると18,000マイル × 12ヶ月で216,000マイルになるという訳です。

いかがでしょうか。手順をご理解頂けたでしょうか。

ポイントの交換は思いのほか時間がかかるため、実践してからマイルになるまで数ヶ月かかります。

そのため、行動が早ければ早いほどマイルを手にするのも早くなります。

なんだか面倒だなぁとお感じになった方。やってみると意外に簡単です。

皆さんもどうですか?

ハピタス
モッピー
ちょびリッチ
ゲットマネー