横浜に所有しているマンションの2016年6月分家賃が入りました。

96

こちらが入金された通帳の写しです。

113

入金額:189,740円(物件管理委託費控除済)


家賃収入のことを人に話すと「入居者が決まらない可能性がある」「物件に欠陥が見つかる可能性がある」「 管理に時間が取られて本業(サラリーマン)が疎かになる」と言ったネガティブな意見を聞くことが多いです。

確かにその可能性はゼロではないです。

空室率のニュースを見たりすると不安になりますよね。

サラリーマンで働いていると毎月決まった日に給料が貰えます。

しかし会社の業績が傾いたり、何らかの理由で退職すると入ってくるお金は突如ゼロになります。

つまりゼロか100の状態。

これは危険なことだと思います。

一方で家賃収入やアフィリエイト収入など、お金が入ってくる窓口を複数持っていれば、悪いときでも30くらいは確保できる。

同時にすべてを失う可能性は低いですからね。

リスク分散する意味でもお金が入ってくる窓口を増やしたいと思ってます。

不労所得最高です。

皆さんもいかがですか?