キユーソー流通システムから2017年11月期の株主優待が届きました。

209

キユーソー流通システムは主に食品の物流を担う会社です。

コンビニやチェーンストアに出入りしているトラックを見ると、キユーソーと記載されていることが多いことに気づくと思います。

キユーソー流通システムは毎年11月の権利付最終日に100株以上保有していると、シェフグルメカードがもらえます。

株数ごとの優待内容は以下の通りです。

所有株数 優待内容
100株以上〜500株未満 シェフグルメカード1,000円分
500株以上〜1000株未満 シェフグルメカード3,000円分
1000株以上〜 シェフグルメカード5,000円分

シェフグルメカードはガストやデニーズなどのファミレスから回転寿司、デパートなどで幅広く使えます。

こちらが届いた封書です。↓ 
早速開けてみます。

212

この瞬間はいつもワクワクします。

まずは株主通信です↓

210

売上高は2016年に下がったものの、2017年は大きく伸びて過去最高になったようです。

こちらが優待で頂いたシェフグルメカードです。

211

私は500株の所有でしたので、3,000円分のグルメカードをいただきました。

食事は一人で取ることが多いので、これだけあれば最低5回はタダで食べられそうです(笑)



■株主優待は株価変動リスクがないクロス取引がオススメ


株は株価変動リスクがないクロス取引で手に入れました。

クロス取引とは株の現物買いと信用売りを同時に入れて、株の変動リスクを受けずに株主優待の権利だけ得る取引手法です。

197

株の現物買いは株価が上がると利益が出ます。
逆に信用売りは株価が下がると利益が出ます。

この二つを同時に持てば、株価がどちらに動いても互いが相殺しあって損失を被りません。
しかし株主であることに変わりはありませんので、優待が貰えるという訳です。

詳しくは証券会社が詳しく説明していますので、そちらをご参照下さい。
(クロス取引の詳細はこちら→http://www.matsui.co.jp/study/incentives/crossselling/

今回のクロス取引にかかった費用は1,705円でした。(SBIの場合)
頂いた優待は3,000円の価値なので、差額1,295円がプラスになりました。

今回は取得費用が少し高めでしたが、それでも自分は働かずに1,295円をゲットしたわけですから、これも立派な不労所得です。

クロス取引は慣れれば簡単にできますので、皆さんもいかがでしょうか?

クロス取引を始めるには証券会社の口座が必要になります。
まだお持ちでない方は早めに開設しておきましょう。

ほとんどの証券会社は口座維持手数料が無料なので、今すぐ使わなくても、とりあえず開設だけしておくことをお勧めします。



■クロス取引はSBI証券が使いやすい


私は株取引にSBI証券を使っています。

SBI証券は株の優待情報も詳しく載っており、素人でも使いやすいところが気に入っています。
もちろん手数料も安いです。

口座開設はハピタス経由をオススメします。
(ハピタスについて詳しくはこちら→ポイントサイトで不労所得を得る

41

ハピタスを経由してSBI証券に口座を開設すると4,000ハピタスポイントがもらえます。

ハピタスポイントは1ポイント1円で現金化できるので4,000円貰える事になります。

SBI以外にも様々な証券会社の口座開設案件がありますので、全部開設するのも手です。

皆さんも不労所得を増やして優雅な人生を送りましょう。

ハピタス